シアバター【ボディクリーム】としての使い方!間違えると逆効果ってホント!?

シアバターには、高い保湿効果があるといわれています。

しかし、シアバターを正しく使う方法ってご存知ですか?

シアバター Shea butter スキンケア 

実は、シアバターには嬉しい効果がある反面、使い方を間違えると逆効果になる場合があるんです。

そこで今回は、シアバターを正しくボディクリームとして使う方法をご紹介します。

 

シアバターをボディクリームとして使う、メリットや効果

シアバター Shea butter スキンケア 

ボディクリームとして使うことで、肌に潤いの膜を作ることができます。

手荒れをケアし、しっとりした手に仕上げてくれる保湿力の高い美容オイル。

シアバターは他のオイルと比べても、長時間保湿効果が持続するため「保湿の王様」という別名を持つほどの実力派オイル!

 

シアバターの主な主成分はオレイン酸とステアリン酸です。

私たち人の皮脂と似ている成分なので、お肌に馴染みやすく、肌を内側から柔らかくする効果があるといわれています。

また、次のような成分が微量に含まれていることから、美容効果も期待できるオイルです。

 

シアバターに含まれる微量な美容成分

トコフェロール 天然ビタミンEの一ひとつ。

抗酸化作用を持ち、活性酸素から身体を守ります。

アンチエイジング効果にも優れている成分です。

アラントイン 主に古い角質を落とし、肌荒れを改善することに作用する成分。

・組織の修復を助ける作用

・抗刺激剤作用

・消炎鎮静作用

カロテノイド 強い抗酸化作用があり、活性酸素の働きを抑えてアンチエイジング効果をもたらす成分です。

皮膚や粘膜の再生を助けるとも言われています。

トリテンペンアルコール 親水性の高い成分で、水分と混じりやすく保湿性に優れています。

 

シアバターは美容オイルとして水分をお肌にとどめるだけでなく、シアの持つ微量な栄養素によって更なる美容効果が期待できます。

ただ、シアバターに含まれる微量な美容成分は、同じシアバターでも「未精製」のシアバターにしか含まれていません。

シアバターには2種類あり、「精製」されたシアバターには香り、不純物がなどが含まれていないだけでなく、微量な美容成分も含まれていないのです。

美容成分の効果も最大限に引き出したい場合は、未精製のシアバターがおススメです。(→シアバターの精製と未精製の違いとは?)

 

シアバターを使うタイミング、間違える悪化してしまう!?

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバターには高い保湿効果があり、未精製のシアバターを選ぶことでその他の栄養素をお肌に与えることもできます。

シアバターは赤ちゃんにも使えるほど低刺激なので、お肌の弱い方でも使えます。

 

しかし!!

いくらお肌に優しく、高い保湿効果があるシアバターであっても、単体で使用する場合は注意が必要です。

使用するタイミングや使い方を間違えると、逆に乾燥を招く場合があるからです。

 

私たちの肌には、「水分を与える」「水分を保持する」「水分の蒸発を防ぐ」の3つがとても大切。

お肌は一つのケアだけではいい状態を保つことが難しいんです。

水分を与えるだけのケアだけ、水分の蒸発を防ぐためのケアだけ、といったように、特定のケアだけだとお肌は「乾燥」を招いてしまい、肌トラブルを起こす原因になります。

 

例えば、顔のケアには「化粧水」「乳液」「クリーム」などと、スキンケアをする用品とその使い方がありますよね。

それは化粧水で水分を与え、乳液やクリームでその水分を保持するように働きかけているように、それぞれに役割りがあります。

そして、それをバランス良く適度に、そして正しく使うことで役目を発揮します。

 

実は、天然成分の美容オイルであるシアバターも同じで、お肌に与える役割りがあります。

シアバターには「水分を保持する」「水分の蒸発を防ぐ」の働きは十分にあるけれど、「水分を与える」という働きがありません。

ということは、シアバターだけではお肌の状態を整えることが難しいということです。

そのため、シアバターでお肌の状態を整えるためには、使用するタイミングや使い方が大切になります。

 

シアバターを使用するベストなタイミング

  1. お風呂上りなど、肌に水分をしっかりと含んでいる状態のとき
  2. 化粧水や保湿クリームなどで、お肌に保湿成分を与えた後

 

この2つのタイミングであれば、シアバター本来の力を引き出すことができます。

この2つのタイミングはどちらも、お肌になんだかの方法で水分が補給された状態です。

お肌に水分が補給されている状態であれば、その水分が外に逃げ出さないようにシアバターがオイルで膜をはり、水分の蒸発を防いでくれます。

 

シアバターをボディクリームとして、正しく使う方法

シアバター Shea butter スキンケア 

ボディクリームとしてシアバターを使うタイミングは、大きく分けて2つの方法があります。

1つはお風呂上りのタイミング。

2つ目は、お肌を保湿するタイミングです。

では、一つずつ詳しくご紹介します。

 

1 お風呂上りにシアバターを使う方法

お風呂上りは、体を拭いてから時間がたてばたつほど、肌から水分が蒸発していきます。

そのため、お風呂上りにすぐシアバターを塗ることがおススメです♪

使うタイミング

  • お風呂上りで、体をタオルで拭く前
  • シアバターを塗る前に、手足についている水分を軽く振り払うなどして、水分を軽く落とす

使い方

  1. お風呂上りに、水分を軽く振り落とす
  2. シアバターを手に取り、1パーツごとに塗っていく
  3. 塗る際は、手のひらでいったん温めて溶かしてから広げる
  4. 塗り終わったら、タオルで軽く全身を押さえるようにして水分を軽くふき取る

塗る量の目安

  • 片足(太もも~足先)100円玉大くらい
  • 片腕(脇~指先)100円玉大くらい

各部位に合わせて、量を調節して塗りましょう。

アナタの身体に合わせて、増やしたり足したりしてOKです。

 

2 保湿をした肌に塗る

他の保湿剤を使った際に、水分をお肌にキープする助けになります。

保湿する成分は、お好みのものでOKです。

使うタイミング

  • 化粧水、ボディクリームなどの保湿成分の入ったものを塗った後

使い方

  1. 保湿成分が配合されているスキンケア用品を塗る
  2. その上からシアバターを適量、塗り広げる
MEMO
乾いた状態でのお肌だと、シアバターはお風呂上りに塗るよりも多くの量が必要になります。

肌を強くこすらないように、優しく塗り広げましょう。

 

シアバターをボディクリームとして、本来の力を発揮させよう!

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバター本来の力は、水分をお肌にとどめて、それを逃がさないようにしてくれることです。

そのため、高い保湿効果が期待できるといわれています。

しかし、水分がない状態でシアバターを使ってしまうと、逆に毛穴にオイルが詰まってターンオーバーを乱したり、ニキビなどの原因になる可能性もあります。

 

シアバターの効果を正しく発揮するためにも、正しい使い方をしましょう。

ただ、「お風呂上り以外にも使いたいのに・・」と思っている場合は、「保湿→シアバター」と手間がかかるのが面倒ですよね。

そこで、ローションタイプのシアバターが配合されたボディークリームがあります。

 

それは「ママバターのシアバターローション」です。

シアバターをたっぷりと含んでいるのに、ベタツキにくい特徴があります。

夏場などの暑い時期でも使いやすい、便利なボディクリームです。

 

メーカーさんも天然成分100%のシアバターを販売しているので、製品の安全性にも信頼が持てるのでおススメです。

シアバターとローションを使い分けるのも、使いやすくするには便利ですね♪

シアバターのホント、効果や口コミはコチラ!

シアバター公式サイトはコチラ!