シアバターが【つぶつぶ・ザラザラ】してる!?不良品、それとも何か原因があるの?

シアバターは天然成分100%なのに、高い保湿力を誇るスキンケアアイテムとして大人気!

そんなシアバターを買ってみたはいいものの、なんだか「つぶつぶ・ザラザラ」してる、なんてことはありませんか?

シアバター Shea butter スキンケア 

オイルと言えばサラッとしたイメージなので、異物が入っていたり、品質が悪いかもしれないと心配になりますよね。

そこで、今回はシアバターが「つぶつぶ」「ザラザラ」している原因と、その理由をご紹介します。

 

シアバターが【つぶつぶ・ザラザラ】している原因

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバターはシアの実から作られる、天然成分100%のオイルです。

化学系の成分が含まれていないことから、お肌の弱い方でも使える肌に優しいオイル。

 

だからこそ、人工的に作られるオイルと違って100%サラサラなオイルとは限りません。

シアバターは常温で保管をすると「固形」の状態です。

36℃以上になると溶けて液体になるので、お肌や髪に使用する際は手のひらにのせて1度溶かしてから使用をします。

手のひらで溶かす際、良質なシアバターは、「つぶつぶ」や「ザラザラ」していることはほとんどありません。

 

ただし、良質なシアバターでも「つぶつぶ」や「ザラザラ」する場合があります。

状況や品質によって、シアバター自体のテクスチャーを変えてしまうことがあるのです。

そこで、シアバターが「つぶつぶ」や「ザラザラ」する状態になる原因をつ3ご紹介します。

 

1 未精製の不純物の可能性

シアバターには、精製と未精製の2種類があります。

精製されたシアバターは、化学薬品を使って不純物を取り除くので、ほとんど「つぶつぶ」や「ザラザラ」する可能性はありません。

 

未精製のシアバターの場合は、製造段階で可能な限り「ろ過」をして不純物を取り除きます。

しかし、その「ろ過」が十分にできていなかったり、不純物が残っている場合に「つぶつぶ」や「ザラザラ」といった感触になる場合があります。(→シアバターの精製と未精製の違いとは?)

不純物といっても、シアの実の「皮」や「絞りカス」のようなものなので、危険性はありません。

 

ただし、含まれている不純物が多すぎたりする場合は、品質の良いシアバターではないかもしれません。

日本国内で販売されているシアバターは、消費者のニーズにこたえるために「ろ過」をしっかり行っているものがほとんどです。

安心して購入できるルートやメーカーさんであれば安全ですが、まれに「ろ過」が不十分であったり、シアの実とは違うものを使っている製品もあります。

 

品質の良いシアバターの「つぶつぶ」や「ザラザラ」は、液体となってからはほとんどそのテクスチャーはなくなります。

お肌に塗る際も同じように「つぶつぶ」や「ザラザラ」しているようであれば、シアバターの品質や偽物の可能性を疑いましょう。

 

 

2 シアバターが1度溶けてしまったから

シアバターは36℃以上にならないと液体にならないため、日本では通常「固形」で販売されています。

シアバターに「つぶつぶ」や「ザラザラ」が見られる可能性の一つとして、シアバターが1度溶けてゆっくり固まった可能性があります。

 

シアバターの成分は主に「脂肪酸」であり、この脂肪酸にはそれぞれの融点があります。

主に「オレイン酸」「ステアリン酸」などがあり、それぞれが解けて固まる温度が違うということです。

置かれている環境によってシアバターが解けてしまい、それが少しずつ固まることによってムラができます。

すると、それが触った時に「つぶつぶ」や「ザラザラ」とした感触になるのです。

 

品質には問題がないので、そのまま使っても大丈夫です!

気になる場合は、自分でもう1度固め直すという方法があります。

70~80℃の湯せんでシアバターを完全に溶かし、液体状になったら冷蔵庫などで急激に冷やします。

すると、元通りの「つぶつぶ」「ザラザラ」のないシアバターに戻すことができます。

 

シアバターが自然に溶けて固まってしまったときに、ムラができたりするのはシアバターがピュアな未精製のオイルだから起こる現象なのです。

自然に溶けてゆっくり固まった時に「つぶつぶ」「ザラザラ」にならない場合は、精製されているか、偽物の成分が混ざっている可能性が高いです。

なので、溶けて固まった時にできる「つぶつぶ」「ザラザラ」の場合は、安心して使える証拠でもあります♪

 

その特徴として、手のひらに馴染ませると「つぶつぶ」「ザラザラ」の感覚はなくなり、キレイにお肌に塗ることができます。

もし「つぶつぶ」「ザラザラ」がなくならない場合は、最初に紹介した「1」の原因と同じ理由が考えられます。

 

 

3 手作りに使って、上手に溶けていない

シアバターを手作りクリームなどに使うことも多いですよね。

その際に、シアバターの処理や作り方によっては「つぶつぶ」「ザラザラ」ができることがあります。

「つぶつぶ」「ザラザラ」ができる理由は、次のことが考えられます。

 

  • シアバターを完全に溶かしきれていなかった
  • ゆっくりと固めることで、シアバターにムラができた
  • シアバターの配合量が多すぎる

 

シアバターの溶ける温度や、固まる温度は含まれている成分によって差があります。

そのため、「2」と同じように固める際に「ゆっくり」固めてしまうとムラができてしまいます。

あるいは、シアバターを完全に溶かしきれていなかったり、シアバターの配合量が多すぎて「つぶつぶ」「ザラザラ」になっている可能性もあります。

手作りクリームでシアバターを使う際は、「しっかり溶かして他の成分となじませる」「急激に冷やして固める」というポイントを守ることで、「つぶつぶ」「ザラザラ」の感触を予防することができます。

 

シアバターの【つぶつぶ・ザラザラ】は不良品、あるいは管理状態による

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバターの「つぶつぶ」「ザラザラ」ができる原因は主に2つ考えられます。

1つは、シアバターの品質悪化や劣化品という可能性。

2つ目はシアバターが何らかの理由で溶けてしまい、固まる際に「ゆっくり」と固まることでムラができた可能性です。

 

「つぶつぶ」「ザラザラ」があるからといって、すべてが粗悪品ではありません。

シアバターを使ってみたときの感触なども確かめてみて、それでも「つぶつぶ」「ザラザラ」があるようであれば使用を控えた方が良いでしょう。

 

シアバターは人気が高い製品なので、粗悪品や偽物を販売されている場合があります。

メーカーさんによって「安全性」「品質」に差があります。

まずはアナタのお肌に合ったメーカーさんのシアバターを見つけてみましょう。

 

私がシアバターを選ぶ際は、世界基準の審査を受けて合格した「エコサート認定」を受けているかどうかを判断基準にしています。

そのうえで、継続して使える価格かどうか、悩みにきちんと答えてくれる会社なのかどうかで判断しています。

これらをトータル的に判断して、私は「ココロピュア」のシアバターを使用しています。

エコサート認定を受けている上に、価格も他のメーカーさんに比べて安いので継続しやすいのがいいんです♪

 

また、シアバターは保存状況によっても品質に違いが出てきます。

できるだけ長持ちさせるためにも、正しい保管環境を作ってあげましょう。(→シアバターの正しい保管方法とは?冷蔵庫が長持ちの秘訣?)

シアバターのホント、効果や口コミはコチラ!

シアバター公式サイトはコチラ!