シアバターの使用期限どれくらい?正しい保管方法「冷蔵庫」で長持ちさせる秘訣!?

シアバターは天然成分100%の美容オイルですが、酸化に強く、比較的使用期間が長いといわれています。

しかし、それでもやはり「使用期限」はあります。

基本的にはどれくらいが「使用期限」になるのでしょうか?

シアバター Shea butter スキンケア 

また、できるだけ使用できる期間を長くするためにも、正しく保管することが大切です!

シアバターを長持ちさせるためにも、正しい保管方法をご紹介します。

 

シアバターの使用期限どれくらい?

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバターは酸化に強く、品質が安定している美容オイルです。

しかし、オイルには変わりないので「空気」に触れることで酸化をしてしまいます。

そのため、シアバターにはメーカーさんから使用期限が表示されています。

メーカーさんによって表示期間には差がありますが、平均的な使用期限は次の通りです!

シアバターの使用期限

未開封の場合 1~2年
開封後 3か月~半年、長い場合は1年

 

上の表のようにシアバターの使用期限に差があるのは、保管状況によって使用期限が異なるからです。

ただ、できるだけ早く使うことをおススメします。

具体的に、開封後は1~3か月程度で使い切ることがベストです。

 

使用期限を過ぎるとシアバターは酸化をしてしまったり、シアバター自体が劣化をしてしまいます。

安全に使用をするためにも、使用期限を守って使用しましょう。

もし香りに異常がなければ問題なく使用できる場合もあるので、その場合はきちんと見極めてみましょう。(→シアバターの酸化を見極める方法とは?)

 

逆に、使用期限を過ぎていなくても、臭いが変わってしまった場合は使用を控えましょう。

品質が劣化したシアバターを使用すると、お肌や髪に逆効果を与えてしまいます。

人の肌や髪以外にも使える方法があるので、酸化や劣化したシアバターは人の肌や髪以外に使用するようにしましょう。(→酸化したシアバターを使うとどうなる?人の肌や髪以外に使う方法とは?)

 

シアバターの正しい保管方法「冷蔵庫」で長持ちさせる秘訣とは!?

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバターの保管方法によって、シアバターの使える期間が変わってきます。

シアバターの保管状況が悪いと、使用期限を過ぎる前に使えなくなってしまうこともあります。

天然成分100%のオイルだからこそ、管理には気をつけなければならないんです♪

 

シアバターを保管する上で、気をつけることは次のポイントです!

 

シアバターを保管する上で気をつけること!

  1. 直射日光を避ける
  2. 25度以上になる所に置かない
  3. フタはきちんと閉めておく
  4. 高温多湿を避ける

 

天然オイルは基本的に高温多湿に弱く、風通しの乾燥している涼しいところで保管するのが理想です!

シアバターはもともと気温の高い国で作られていたクリームなので、冷蔵庫にも入れない方がいいと記載されている製品もあります。

しかし日本には四季が存在するので、高温多湿を常に裂けて、常温で良い保管環境を作るのは至難の業。

そこで、次の3つのことを意識して保管をするとシアバターを長持ちさせることができます。

 

シアバターを長持ちさせる3つの秘訣

1 冷蔵庫の保管と、常温保管を使い分ける

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバターは基本的に、冷蔵保管をしなくても品質に問題はありません。

一度溶けても品質が大きく劣化することはなく、そのまま使用しても問題ないからです。

 

しかし!!

一度溶けたシアバターが常温で固まると大きな粒状で固まってダマができてしまい、使用する際にザラザラしたり、使用感にバラつきが出てしまいます。

お肌に使用する場合は効果にバラつきが出るので、あまり良い状態とは言えません。

品質の劣化はあまり見られませんが、酸化した臭いがし始めたら使用を控えてくだださい。

 

そこで、夏場にお部屋の温度が30度以上になる場合は冷蔵庫での保管がおススメです。

冷暗所(特に冷蔵庫など)で保存している場合には2~3年は変質しないと言われています。

良い状態で保存するためにも、冷蔵庫での保管は長持ちさせる秘訣なのです。

 

しかし!!

冷蔵庫で保管をする際は、必ず注意をするべきことがあります!

冷蔵庫から出したり入れたりする温度変化は、シアバターにとって良くありません。

そのため、次のような使い方がおススメです。

 

シアバターの冷蔵庫と常温の使い訳

  • 長期間使用しない場合は、冷蔵庫で保管
  • 定期的に使う場合は、小分けの容器に入れて使う分だけ常温で保管し、使わない大きな容器は冷蔵庫で保管
注意

冷蔵庫で保管していたシアバターを冷蔵庫から出して使う際は、一度常温に戻してから使用しましょう。

何度も冷蔵庫と常温での状態を繰り返さないようにしてください。

 

 

2 直接容器に手を入れない

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバターは缶に入った状態で販売されています。

そのため、指ですくって使おうとするのが自然ですよね。

 

しかし!!

絶対に指で直接すくって使わないようにしましょう!

それは、直接指を容器に入れることで、容器の中で雑菌が繁殖しやすくなります。

天然成分のオイルだからこそ、直接触れたり、雑菌が繁殖しいやすい状態を防がなければなりません。

 

使用する際は、次の方法で使用しましょう。

  • 1か月程度で使い切れる容器に移して、指ですくって使う
  • スパナチュラルやスプーンなどを使って、シアバターを削り取って使う

直接指で触れたい場合は、小分けにした容器に移して、早めに使い切るようにしましょう。

ただし、小分けの容器に移す際は直接手で触れないようにしてください。

 

3 高温多湿にさらさない

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバターをはじめ、天然の美容オイルは高温多湿に弱い性質があります。

そのため、お風呂場などの高温多湿の環境に置いたり、シアバター自体に水分が混ざると、腐りやすくカビも発生しやすくなります。

 

また、冬場はどうしてもシアバターが固くなりがちです。

温かい部屋においておくなど、寒すぎない場所に置いておくと使いやすくなります。

 

ただしこの時に注意することは、「暖房器具」の近くに長時間置いたり、直射日光に当てすぎないようにすることです。

品質を変化させてしまう可能性があるので、あくまで常温で多湿になるところを避けて保管しましょう。

 

シアバターの使用期限と正しい保管方法を守って、正しく使おう

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバターは正しい保管方法を守ることで長持ちさせることができます。

美容オイルのなかでは比較的酸化しずらく、安定した品質を保つシアバターです。

使用期限と保管方法を守ることで、お肌に嬉しい効果をもたらしてくれます。

 

ただ、長期間使用しないでおいておくと、容器の中の空気と触れている表面部分が酸化することがあります。

表面を少し削ると、中のほうは問題なく使えることが多いです。

削っても中が白く酸化している場合は、そのシアバター自体の使用を控えましょう。(→シアバターの酸化を見分けるポイントとは?使用したらどうなるの?)

 

シアバターは多くの使用方法があり、私たち人の肌や髪など多くの部位に使うことができます。

「使い切る自信がない!」という場合も、できるだけ多くの使い方を試してみてください。

少しずつ使えるように、小分け容器に入れておくことで安全に使用することができますよ♪

シアバターのホント、効果や口コミはコチラ!

シアバター公式サイトはコチラ!