シアバタ―で洗顔!?ダメージを与えないので、肌が弱い人におススメ!

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバタ―には保湿成分が配合されているので、シアバターで洗顔ができたら肌へのダメージは少なくなります。

でも、オイルで洗顔ってどうやってするの!?と、疑問に思いますよね。

 

そこで、シアバターで洗顔するとはどういった意味なのかご紹介します。

この記事では、次のような順番でお話ししていきます。

  • シアバタ―で洗顔!?ダメージを与えないので、肌が弱い人におススメ!
  • シアバタ―で洗顔する方法
  • シアバタ―で洗っても、保湿は絶対に欠かせない理由

 

シアバタ―で洗顔!?ダメージを与えないので、肌が弱い人におススメ!

 

シアバタ―で洗顔をすると、「お肌にダメージが少なくて良いよ~」と友達に言われて知りました。

でも、「洗顔するってどうやって?」という疑問。

その答えはこれ!

シアバターが配合された石鹸のことでした。

 

 

この石鹸派「シアバター洗顔せっけん」で、石鹸成分の中にシアバターが配合されているというもの。

実際に使ってみた感じと、商品詳細を見ると次のようになっています。

 

→→

配合成分
  • シアバタ―配合
  • 無添加(香料・着色料・酸化防止剤・合成界面活性剤を使用していない)
使用感
  • 洗い流しやすい
  • オイルの匂いが少し強い
洗いあがり
  • つっぱらない
  • しっとりというよりも、サッパリ感があまりない感じ
  • ツルツルになる
泡だち 軽めであまり強くない泡

 

お肌が弱くても使いやすく、とてもおススメ。

浴室に置いておいても溶けることもなかったので、使い勝手もけっこう良いです。

そして、他のシアバター配合石鹸に比べてかなりコスパも良く、だいたい700円前後で購入できるのも魅力の1つ。

 

ただし、ニキビができやすい人は要注意です。

私の妹はアトピー肌なのでこの石鹸がかなりお気に入り。

私も使用感や洗いあがりは大好きです。

 

ただ、ニキビができやすい肌のため、この石鹸で洗うとニキビができる時があります。

特に生理前などは要注意シーズン。

ニキビができやすいという方は、その点だけ気をつけて使用してみてください。

 

シアバタ―で洗顔する方法

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバタ―配合の石鹸で洗顔をする場合は、通常の洗顔せっけんと同じように使いましょう。

しっかりと泡立てて使うのが、お肌にダメージを与えずに使える秘訣です。

 

シアバタ―配合石鹸で洗顔する方法

  1. メイクをしている場合はクレンジングをする
  2. だいたい36℃前後のぬるま湯で顔をぬらす
  3. 泡立てネットと石鹸で洗顔用の泡を作る
  4. 泡で顔を洗う(ゴシゴシこすらない)
  5. 泡を洗い流す

 

この方法で洗うことで、お肌にダメージや乾燥を与えないように洗うことができます。

熱すぎないぬるま湯を使って、ゴシゴシこすらずに洗うことがポイント!

もし、メイクを落とす際のクレンジングもシアバターで行いたい場合はコチラのページで詳しく紹介しています。(→シアバターでクレンジングをする方法)

 

シアバタ―で洗っても、保湿は絶対に欠かせない理由

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバタ―で洗顔をした後は、必ず保湿を行うようにしましょう。

シアバター配合石鹸で洗ったらつっぱらないし、乾燥を感じないのに?

 

こういった疑問を持つこともあると思います。

しかし、「シアバター配合=保湿された状態」というわけではありません。

シアバタ―を配合していることで、必要な皮脂を洗い流さないようにしたり、洗いあがりに乾燥を予防する効果はあります。

ただそれは一時的なものなので、洗顔後に放置をするとお肌は乾燥してしまいます。

 

洗顔後には保湿をすることがとても大切です。

それは、シアバター配合の石鹸で洗顔をしても同じ。

化粧水や油分でしっかりと水分を与えて保湿をしてあげましょう。(→絶対に乾燥させたくない人はするべき、正しい保湿方法)

シアバターのホント、効果や口コミはコチラ!

シアバター公式サイトはコチラ!