シアバターを【ハンドクリーム】に、肌質に合わせた使い分けで効果を引き出す!

シアバターは高い保湿効果があり、全身に使用することのできる美容オイルです。

もちろん、ハンドクリームとしても使用することができます。

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバターが配合されているハンドクリームを使用する場合は、肌トラブルに合わせて種類を選ぶ必要があります。

肌質やトラブルに合わせた選び方や、シアバターをハンドクリームとして使用する場合の注意点をご紹介します。

 

シアバターをハンドクリームとして使う、メリットや効果

シアバター Shea butter スキンケア 

ハンドクリームを塗ることによって、手に潤いの膜を作ることができます。

手荒れをケアし、しっとりした手に仕上げてくれる保湿力の高い美容オイル。

シアバターは他のオイルと比べても、長時間保湿効果が持続するため「保湿の王様」という別名を持つほどです!

 

シアバターの主な主成分はオレイン酸とステアリン酸です。

私たち人の皮脂と似ている成分なので、お肌に馴染みやすく、肌を内側から柔らかくする効果があるといわれています。

また、次のような成分が微量に含まれていることから、美容効果も期待できるオイルです。

 

シアバターに含まれる微量な美容成分

トコフェロール 天然ビタミンEの一ひとつ。

抗酸化作用を持ち、活性酸素から身体を守ります。

アンチエイジング効果にも優れている成分です。

アラントイン 主に古い角質を落とし、肌荒れを改善することに作用する成分。

・組織の修復を助ける作用

・抗刺激剤作用

・消炎鎮静作用

カロテノイド 強い抗酸化作用があり、活性酸素の働きを抑えてアンチエイジング効果をもたらす成分です。

皮膚や粘膜の再生を助けるとも言われています。

トリテンペンアルコール 親水性の高い成分で、水分と混じりやすく保湿性に優れています。

 

シアバターは美容オイルとして水分をお肌にとどめるだけでなく、シアの持つ微量な栄養素によって更なる美容効果が期待できます。

ただ、シアバターに含まれる微量な美容成分は、同じシアバターでも「未精製」のシアバターにしか含まれていません。

シアバターには2種類あり、「精製」されたシアバターには香り、不純物がなどが含まれていないだけでなく、微量な美容成分も含まれていないのです。

美容成分の効果も最大限に引き出したい場合は、未精製のシアバターがおススメです。(→シアバターの精製と未精製の違いとは?)

 

シアバターを【ハンドクリーム】に、肌質に合わせた使い分けで効果を引き出す!

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバターには高い保湿効果があり、未精製のシアバターを選ぶことでその他の栄養素をお肌に与えることもできます。

ただし、シアバターを単体で使用する場合は注意が必要です。

それは、使用するタイミングを間違えると、逆に乾燥を招く場合があるからです。

 

私たちの肌には、「水分を与える」「水分を保持する」「水分の蒸発を防ぐ」の3つがとても大切です。

肌に水分を与えても、それを保持したり、蒸発することを防げないとお肌に潤いを保てません。

シアバターには「水分を保持する」「水分の蒸発を防ぐ」の働きは十分にあるけれど、「水分を与える」という働きがありません。

そのため、シアバターを使用する場合は使うタイミングが大切になります。

 

シアバターを使用するタイミング

  1. お風呂上りなど、肌に水分をしっかりと含んでいる状態のとき
  2. 化粧水や保湿クリームなどで、お肌に保湿成分を与えた後

 

シアバター自体には、水分を作り出す働きがありません。

そのため、お肌に水分を与えるか、水分を含んでいる状態のときに使用することで、シアバターの効果を最大限に引き出すことができます。

シアバターを使って手を保湿したい場合は、お風呂上りがおススメです♪

 

お風呂上り以外にも、シアバターで保湿したい場合

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバターは他の美容オイルと比べても、長時間保湿を持続させることができます。

手は日常生活で刺激にさらされやすく、水にぬれたり、物を触ったりすることで、せっかくケアをしても落ちてしまいがちです。

そこで、シアバターをハンドクリームとして使うことで、少しでも保湿力を上げれたら嬉しいですよね♪

 

お風呂上り以外にシアバターを使う場合は、シアバター配合のハンドクリームがおススメ!

ハンドクリームには、肌トラブルに合わせておススメの種類があるので、シアバター配合のハンドクリームをタイプ別にご紹介します。

 

とにかく乾燥する、カサカサな手をしっとりさせる「保湿系」クリーム

乾燥がひどい手におススメなのは「保湿効果」の高い成分が含まれているものを選ぶことです。

セラミド、ヒアルロン酸などの保湿成分が含まれたハンドクリームは、肌の角質層まで浸透するので、肌の内側から潤いを高めてくれます。

さらに、シアバターが配合されていることで、その保湿成分をお肌に閉じ込めることができます。

 

保湿系ハンドクリームでは、「ママバターのハンドクリーム」がおススメです。

天然由来保湿成分シアバターを20%配合し、シリコン、合成香料、合成着色料、鉱物油、パラベン全て不使用で、肌に負担をかけるような成分は入っていません。

成分が優しい分、塗った後に肌が敏感な赤ちゃんや子供に触れても大丈夫な、安心できるハンドクリームです。

さらに詳しく見る

ガサガサに荒れた、かたい肌を改善する「尿素系」ハンドクリーム

尿素には肌や角質を柔らかくして、肌をツルツルにする作用があります。

尿素の効果はとても高く、刺激としては強めです。

ただし、その分長期間使い続けると、あかぎれやひび割れなどの症状が悪化することがあります。

 

そのため、尿素が含まれているハンドクリームは短期間で応急処置として使うか、角質が硬くなった部分にピンポイントで使いましょう。

上手に尿素系のハンドクリームを使うことで、肌荒れを早めに改善することができます。

 

尿素系のハンドクリームの中でも、「コレールブルーハンドクリーム」がおススメです。

シアバターを配合しているので、シアバターの高い保湿効果と尿素の効果をダブルで発揮することができます。

更に詳しく見る

 

シアバターをハンドクリームとして、肌の潤いを閉じ込める!

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバターをハンドクリームとして使用したり、シアバター配合のハンドクリームを使うことは、お肌に高い保湿効果が期待できます。

特に、シアバターの特性をいかして「オイルの膜で水分が逃げることを防ぐ」のは、お肌にとっても負担をかけずに保湿ができます。

 

もし、好みのハンドクリームがない場合は、手作りのハンドクリームもおススメです♪

シアバターは手作りをするハンドクリームやリップクリームに使いやすく、安定したオイルです。

アナタの肌質に合わせて組み合わせを見つけるのも良いでしょう。

 

シアバターを選ぶ場合は、できるだけ安全性の高いメーカーさんから購入するようにしましょう。

天然成分100%だからこそ、販売している時点で酸化をしているものを販売している可能性があります。

そのため、できるだけ国際的な認証を受けた、安全性が高いと評価を受けたメーカーさんから購入することをおススメします。

シアバターのホント、効果や口コミはコチラ!

シアバター公式サイトはコチラ!