シアバターと馬油は混ぜない方がいい【混ぜると大変なことになった】

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバターと馬油のどちらの効果も欲しい、そう思ってしませんか?

混ぜたらより良い効果が得られるのでは!?と期待して使ってみようと思っていませんか?

 

実際に私も興味があり、シアバターと馬油を混ぜて使ってみました。

でも、私の使い方では大変なことになってしまったんです。

この記事では、次のような順番で大変談をお話ししていきます。

  • シアバターと馬油は混ぜない方がいい【混ぜると大変なことになった】
  • シアバターと馬油を一緒に使う裏技

 

シアバターと馬油は混ぜない方がいい【混ぜると大変なことになった】

 

シアバターと馬油、どっちも保湿がすごい!と聞いたので、どっちを使ったらいいか迷う・・・

と思った私は、両方使うことにしました。

結論からいうと・・・

どっちか1つだけにしとくんだった~!!!!

 

というのが私のお肌の結論。

その理由は、大量にニキビができてしまったからなんです。

 

私のお肌のスペックは次の通りです。

 

年齢 30歳とちょっと
肌質 インナードライ肌、敏感肌
ニキビのできやすいさ できやすい
スキンケア方法 化粧水を使った後に、シアバターと馬油をぬりぬり(薄めに)

 

塗りすぎはダメだと思って、薄めに塗ったつもりでしたがダメでした。

その理由を考えてみると、かなり「こってり」とした仕上がりになっていたんだと思うんです。

2つの成分を比較をして考えてみました。

 

シアバターの成分

シアバターの成分円グラフ

馬油の成分

 

この2つの成分を比較すると、「オレイン酸」の量がだいたい同じくらいだとわかります。

オレイン酸は「ニキビ」の原因となるアクネ菌が大好きな成分です。

そのため、オレイン酸をお肌につけすぎると「ニキビが悪化」することがあります。

 

私はそんなことを考えもしなかったので、まさに、ニキビが大量発生してしまったわけです。

じゃあ、どうやって使ったらよかったのか・・。

どちらか片方だけで使うべきなのか!?

そう悩んだ結果、ある答えに行きつきました。

 

シアバターと馬油を一緒に使う裏技

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバターと馬油の効果を両方得るためにおススメなのは、二つを組み合わせたクリームを作ること!

顔だけでなく全身に使うことができるので、カサカサになったところに使うとスベスベに。

リップクリームの容器に入れて保存すると、リップとして持ち歩くこともできます。

好みで精油とか入れちゃうと、馬油やシアバターだけで使うよりも香りも効能もアップ!

 

使い心地はシアバターよりも柔らかく、馬油よりも少し固めのテクスチャー。

伸びが良いので、お風呂上りに体に塗った手に余ったクリームを顔に塗るくらいでOK。

ニキビもこれに切り替えてからはできにくくなりました!(やっぱり前は少なくつけたつもりでも、つけすぎだったようです)

馬油とシアバターの両方を使っていた時よりも、2つの成分がしっかり混ざり合っているから「つけすぎ」も予防できるし、効果もアップした感じ♪

 

シアバターと馬油を組み合わせるレシピ

材料

  • 馬油 20g
  • シアバター 15g
  • ホホバオイル 8g(他のキャリアオイルでもOK)
  • みつろう 4g
  • 精油 (お好みで好きなもの)

 

私はニキビケアをしたかったので、ディーツリーオイルをプラス。

他にも効果効能はコチラでチェックできます。(→キャリアオイルやエッセンシャルオイル、肌別にみると何がおススメ?)

 

作り方

  1. 精油以外のすべての材料を容器に入れ、湯せんで溶かす(温度は50℃程度)
  2. すべてのオイルがきちんと溶けたら、精油を入れる
  3. 全体が混ざるように、ゆっくりとかき混ぜる
  4. 粗熱がなくなったら、冷凍庫に入れて一気に冷やす

 

溶かして冷やすだけなので、超カンタンですぐにできちゃいます♪

ただ、シアバターを溶かすときには湯せんが50℃以上にならないように注意しましょう。

50℃以上になると、シアバターの品質が悪化する可能性があります。

湯せんがちょっと不安な方は、コチラで湯せんを上手にするポイントをご紹介しています。(→シアバターの湯せんを上手にする方法)

 

それから、冷やす際は一気に冷やすのがおススメです。

じわじわゆっくり冷やしてしまうと、シアバターにムラができてザラザラな手触りになってしまいます。

素早くサッと冷凍庫で冷やしちゃうのが秘訣です

 

シアバターのホント、効果や口コミはコチラ!

シアバター公式サイトはコチラ!