シアバタ―で練り香水ができる、簡単レシピ!クリームに香りをつけるだけ

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバターで練り香水ができるってホント?

シアバタ―をどんな風に使うと、練り香水になるの?

こういった疑問や知りたいと思っていることはありませんか?

 

シアバターは天然オイルでお肌に優しい素材だからこそ、それを使って美活ができたら嬉しいですよね♪

シアバタ―を使うとカンタンに練り香水ができちゃうので、今回はそのレシピと使い方を次のような順番でお話ししていきます。

  • シアバタ―で練り香水ができる、簡単レシピ!
  • シアバタ―で作る練り香水の使い方

 

シアバタ―で練り香水ができる、簡単レシピ!

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバターを使うことで、練り香水が簡単にできちゃいます♪

シアバタ―単体でもOKですし、他のオイルを混ぜて柔らかいテクスチャーにすることも可能です。

 

シアバターは36℃以上で液体化するので、それ以下の温度だとテクスチャーが固くて使いにくい時があります。

ちょっと使いずらいな~、と感じる人は他のオイルを混ぜたらOK!

そのままでも全然OK!という方は、シアバターだけでもOKです。

 

材料

  • シアバター 5g
  • 好きな香水の香りとして使いたい精油(あるいは香水でもOK) 1〜5滴
  • 保存用容器(5g保管できるもの)
  • つまようじ
  • 割りばし
  • 湯せん用のカップ

シアバタ―に他のオイルを入れたい場合は、次のオイルがおススメ。

  • ホホバオイル
  • アルガンオイル
  • ミツロウ

 

作り方

  1. シアバターを保管容器に、割りばしを使って移し替える(割りばしでほぐしながら少しずつ入れる)
  2. お湯を沸騰させ、50℃くらいまで冷ます
  3. 湯せん用のカップにお湯を入れて、保管容器に入れたシアバターを湯せんにかける(水が入らないように蓋がしめることができるタイプの保存容器そのまま容器ごと湯せんしてOK。もし蓋がしっかり閉まらない場合は、別容器で湯せんしてから保管容器に入れる)
  4. 2分程度で液体になるので、湯せんから取り出す。
  5. 蓋を開けて、シアバターに香料となる精油か香水を入れる(数滴ずつ入れて、その都度つまようじでかき混ぜる)
  6. 粗熱を冷ましたら、冷蔵庫で一気に冷やす
MEMO
常温で冷やしてもOKですが、その場合は固まりにムラができやすくなります。

 

もし他のオイルを入れる場合は、湯せんする前の容器にオイルを入れ、一緒に湯せんをするようにしましょう。

溶ける時に自然に混ざり合ってくれます。

割合にすると、「シアバター:他オイル = 4:1」が個人的には好みです。

オイルとシアバターの割合を変えても問題はないので、好みに硬さに調整してみてください。

 

保管方法

保管方法は基本的に通常のシアバターと同じです。

保管期間を長く保ちたい場合は、次のページを参考にしてみてください。(→シアバターの正しい保管方法で、長持ちさせよう!)

 

 

シアバタ―で作る練り香水の使い方

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバタ―で練り香水を使うことで、次のようなメリットがあります。

このメリットを生かす使い方をするのが理想的な使い方です。

 

  1. つけすぎることがないので、香りの量の調節がしやすい
  2. アルコール不使用なので、肌に優しい
  3. 小さい容器で作れば、携帯しやすい
  4. 液体と違ってこぼれることがない

 

このメリットを生かして、上手に練り香水を使いましょう。

つけすぎて香りが強くなりすぎないように、適度な量に調節しながら塗ります。

香りが弱いと感じても、持ち運んで何度かに分けてつけ直すこともできるので、不安な場合は持ち歩くのもおススメです。

 

練り香水のつけ方

シアバター Shea butter スキンケア 

練り香水をつける部位は、次の部位につけます。

  • 手首
  • うなじ
  • 足首
  • 耳の後ろ

体温の高いところにつけて楽しむのは、液体の香水と同じです。

こういった部位につけることで、効果的に香りを楽しむことができます。

あまり古くなると匂いが変わってしまうなどの変化があるので、できるだけ早めに使い切るようにしましょう。

 

指先で溶かしてから目的の部位につけると、よりまんべんなく塗ることができます。

ただ、お肌に不安がある方は、シアバターが使えるかどうかパッチテストをしてから使用を開始してください。(→パッチテストの方法)

シアバターのホント、効果や口コミはコチラ!

シアバター公式サイトはコチラ!