シアバタ―の乳液の作り方、失敗しないレシピ

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバタ―はお肌の保湿に高い効果を発揮してくれるオイル。

それを手作り乳液に使うことで、お肌に低刺激の乳液が作れちゃいます。

 

シアバタ―で乳液を作るのは意外と難しくありません。

でも、他の手作りアイテムに比べると少しだけ手がかかるので、ちょっと時間があるよ~という時に作るのがおススメです。

この記事では、次のような順番でお話ししていきます。

  • シアバタ―の乳液の作り方、失敗しないレシピ
  • 乳液の役割とは?シアバターと一緒に使うオイルの選び方

 

シアバタ―の乳液の作り方、失敗しないレシピ

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバタ―で乳液づくりをしちゃいましょう♪

今回はシアバターを少し多めの10%配合した乳液の作り方をご紹介します。

 

シアバターを使った乳液の作り方

材料

  • シアバタ― 大さじ2
  • ホホバオイル 大さじ1
  • スイートアーモンドオイル 小さじ2
  • 植物性乳化ワックス    小さじ 1
  • 精製水 100mlくらい
  • 精油 8滴ほどお好みで

 

  • 湯せんにかける容器2つ
  • 保存する容器
  • かきまぜるもの(カプチーノクリーマーなどが便利、100均でも売ってる)

植物性乳化ワックスは、「エマルシファイイングワックス[植物性乳化ワックス] 20g 」だと少量で安く購入できますよ。

とりあえず1回試してみたいな、という方にはおススメ。

 

作り方

  1. 鍋に水を入れて沸騰させる
  2. 湯せんに使う容器に精製水を入れ、「1」に入れて湯せんする(60℃くらいまで温める)
  3. もう1つの容器にホホバオイル、スイートアーモンドオイル、植物性乳化ワックスを入れて湯せんする
  4. 「3」のワックスが溶け、湯せんするお湯が50℃くらいになったらシアバターを入れて、さらに溶かす
  5. 「4」ですべてが溶け切ったら、湯せんから出して「2」の精製水を2~3回に分けて混ぜ合わせる(カプチーノクリーマーで混ぜると早い)
  6. 数分混ぜ続けると、熱が少し冷めてもったりした感じになるので、そこに精油を入れる
  7. もう一度軽く混ぜて、熱を冷ましたら冷蔵庫で冷やす
  8. ボトルに日付をかいたラベルを貼っておくと便利

 

MEMO
植物性乳化ワックスが溶け切ってもブツブツが残ったように見える場合があります。

頑張って溶かしきってもOKですが、少々のプツプツであれば冷めた状態の時にはきちんとクリーム状になってくれます。

 

防腐剤が入っていないので、だいたい1か月くらいで使い切るようにしましょう。

使い方はシアバター単体で使った時と同じで、化粧水の後や、お風呂上りの体に使ったりもできちゃいます♪

もう少し固めのクリームにしたい場合は、シアバターの量を増やすともう少し固めのテクスチャーに仕上げることもできます。

 

乳液の役割とは?シアバターと一緒に使うオイルの選び方

シアバター Shea butter スキンケア 

本来、乳液とは「肌の水分を保持する」「肌の水分を蒸発させない」という役割を持っています。

そのため、シアバター単体でももちろんその役割を果たしてくれます。

 

「でも、ちょっと保湿が足りないな~」

「もう少しシアバターが柔らかくて使いいやすかったらいいのに」

という人にとっては、シアバターを乳液にして使った方が使いやすいかもしれません。

 

シアバタ―と組み合わせて使うオイルは、ホホバオイルなどに限らなくてもOKです。

多くの美容オイルと組み合わせて使うこともできるので、好みのオイルを組み合わせてみると、より理想の乳液に仕上がるかも!

精油やオイルで迷ってしまう場合は、肌質別にこちらで説明をしているので、コチラを参考に選んでみてください。

シアバターに合う、キャリアオイルやエッセンシャルオイルは?

シアバターのホント、効果や口コミはコチラ!

シアバター公式サイトはコチラ!