シアバタ―の原料の「シアの実」とは?

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバターは天然成分100%でできているオイルです。

そんなシアバターの原料は「シアの実」。

 

シアの実とはいったいどんなものなのでしょうか?

また、シアの実の栄養の秘密について、次のような順番でお話ししていきます。

  • シアバタ―の原料の「シアの実」とは?
  • シアバタ―が作られて、日本に届くまでの経緯

 

シアバタ―の原料の「シアの実」とは?

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバタ―とは、アフリカに生息する「シアの実」から作られる植物性の油のことです。

シアの木はアフリカでは神聖な木として扱われています。

なんと、アフリカでは女性しか触ることができないという決まりがあるそうです。

 

そのため、シアバターを生産するのは女性たちが力を合わせて行っています。

シアの実を拾って、シアバターを作って、販売するまですべてが女性のみが行えることと決まっているんです。

アフリカの生活に結びつきの強いシアバターですが、女性だけの特権というのが面白いですよね。

 

シアバターの形はアボカドに似た果実をしています。

シアの木は200~300年も長く生きることができ、初めて実をつけるまでは15年が必要です。

高さは15mくらいまで育つので、かなりの巨木。

それは神聖な木として大切にされてきたことも理解できますよね♪

 

シアバタ―が作られて、日本に届くまでの経緯

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバタ―が作られるのはメーカーさんにもよりますが、ほとんどがアフリカ現地で作られます。

現地で作られたシアバターを、日本や製品化する地域に運び、そこで改めてシアバターの精度を高めてる作業を行います。

なぜなら、シアバターはアフリカで作られているけれど、実際に日本とアフリカで販売されているものには大きな違いがあるからです。

 

アフリカで作られたシアバターのままでは、日本で販売するには精度が低いとされています。

シアバターにはシアの実の皮、絞りカスといった不純物が残っていることが多く、日本で販売するとクレームの原因になりかねません。

そのため、日本で販売するためには再度ろ過を行い、さらにシアバターの精度を高める必要があるのです。

 

こうしてアフリカから発送され、さらに製品化するために精度を高めたシアバターが製品として日本で販売されています。

この製品化された製品の中でも、加熱や薬品などを一切使わず、丁寧にろ過して精度を高めたものが「未精製」のシアバターです。

そのため、シアバターに含まれる栄養素をそのまま含んでくれています。

 

こういったオーガニック製品は、世界基準で審査機関が第三者の目から「オーガニック製品かどうか」という判断をしています。

こういった機関の認証を受けているものであれば、より安心度は高まるのでおススメです。

シアバターのオーガニックでおススメはどこ?【世界基準で認証を受けたメーカーを選ぼう!】

シアバターのホント、効果や口コミはコチラ!

シアバター公式サイトはコチラ!