シアバターにふくまれるオレイン酸の量はどれくらい?【ニキビ肌でも使えるの?】

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバターに含まれるオレイン酸の量ってどれくらい?

オレイン酸はニキビを悪化さるって聞くけど、お肌に使っても大丈夫なの?

シアバターに含まれるオレイン酸は、お肌にどんな効果をもたらしてくれるの?

こういった疑問や不安を持っていると、シアバターを使うのに迷ってしまいます。

 

実際に、シアバターにどれくらのオレイン酸が含まれているのか調べてみました。

オレイン酸や、そのほかの成分がどんな働きをするかご紹介していきます。

この記事では、次のことを紹介していきます。

  • シアバターに含まれるオレイン酸はどれくらい?
  • オレイン酸の効果「メリット」と「デメリット」
  • シアバターを効果的に使用する方法

 

シアバターに含まれるオレイン酸はどれくらい?

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバターは見た目は固形ですが、その中身は他の美容オイルと同じように「オイル」です。

そのため、シアバターの主な成分は「脂肪酸」。

脂肪酸の中でも美肌に欠かせないのが「オレイン酸」ですよね。

 

じゃあ、シアバターにはオレイン酸ってどれくらい含まれているの?

シアバターの場合は、オレイン酸が「43%」の割合を占めています。

シアバターの半分近くの成分はオレイン酸でできていることになりますね。

 

シアバターの主な成分

ステアリン酸 44.9% 酸化しづらい特徴があり、高い抗酸化作用で肌のターンオーバーを整える。

高級飽和脂肪酸に分類されるため、高い保湿効果がり乾燥から肌を守る。

オレイン酸 43.0% 肌の奥に浸透しやすく、肌を内側から柔らかくする。

長時間、保湿が持続する。

リノール酸 6.1% 保湿、抗炎症作用があり、お肌のバリア機能を高める。

メラニンのもとになる酵素チロシナーゼの働きを抑制する作用もある。

パルミチン酸 3.5% 皮脂をコントロールする作用があり、ターンオーバーの乱れたお肌を正常化し、余分な皮脂の分泌を抑える。

 

これらの脂肪酸は、私たち人の皮脂にも含まれている成分です。

そのため、シアバターは人の肌に馴染みやすい特徴があります。

また、アフリカでは生まれたばかりの赤ちゃんにも使用されることが多いのですが、それは肌への刺激がほとんどないからなのです。

そして、未精製のシアバターには脂肪酸以外の成分も微量に含まれています。

シアバターに含まれる微量成分

トリテルペナルコール 高い保湿性に優れており、肌を柔らかくする作用がある。
カロチノイド 皮膚や粘膜の再生を助け、抗酸化作用によりターンオーバーを正常化させる。
トコフェロール 天然のビタミンEで、高い抗酸化作用がある。

皮膚の保護や老化防止効果になるといわれている。

アラントイン 高い保湿力で肌荒れや乾燥肌を予防し、人が本来持つ自然治癒力を促進させる。

 

シアバターには保湿性にがあるだけでなく、抗酸化作用のあるビタミンEなどが含まれています。

そのためお肌をほぼするだけでなく、皮膚の再生を助けたり、抗酸化作用をもたらす「美肌」を作る手助けをしてくれるオイルなのです。

 

オレイン酸の効果「メリット」と「デメリット」

シアバター Shea butter スキンケア 

私たち人の皮脂の成分の中でも、約40%を占めているオレイン酸。

私たちの肌を守るためには必要であり、欠かせない成分です。

だいたい20代後半から年齢を重ねるにつれて、分泌される量が減っていきます。

 

オレイン酸が不足すると「シワ」「ごわつき」「乾燥」といったトラブルが発生しやすくなります。

しかし、そんなオレイン酸にも「メリット」と「デメリット」の両方があります。

 

オレイン酸のメリット

  1. 肌を柔らかくする
  2. 保湿効果

肌を柔らかくする

オレイン酸は肌の内側に浸透し、肌を柔らかくしてくれます。

肌が柔らかくなることで、肌のターンオーバーが正常化され、肌にハリやツヤが生まれやすくなります。

小じわやごわつきを予防し、肌を若々しく保つように助けてくれるのです。

また、スキンケアなどの美容成分が肌に浸透しやすくなります。

 

保湿効果

オレイン酸は肌から水分が蒸発することを予防してくれます。

高い保湿力でお肌の保湿を助けてくれます。

 

オレイン酸のデメリット「ニキビが悪化する」

ニキビが発生する原因は、毛穴にアクネ菌が繁殖して「炎症」を起こすことです。

実は、アクネ菌が好んでエサにするのが「オレイン酸」なんです。

そのため、オイリー肌の人がオレイン酸を使うと、ニキビが「治らない」「再発する」といった最悪の状態を作り出してしまいます。

 

オイリー肌以外の人であれば問題ないのですが、もともと皮脂分泌が多い人は要注意です。

それはシアバターに限らず、オレイン酸が使われている化粧品やスキンケア用品全般に言えることです。

 

もしニキビは気になるけど美容オイルを使いたい、といった場合は「ホホバオイル」がおススメです。

ホホバオイルにはオレイン酸はほとんど含まれていません。

大人ニキビに美容オイルはOK!?それともNG!?使うならおススメは?

シアバターを効果的に使用する方法

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバターを効果的に使用するためには、先ほどもお伝えした通り「オレイン酸」の量によってはニキビなどができやすくなることがあります。

そのため、まず私がシアバターの使用をおススメしたいのは「30代以降の方」か「乾燥がひどい方」です。

 

特に20代の間はオレイン酸の分泌もしっかり行われていることがほとんどなので、シアバターで補うと「過剰」にオレイン酸が分泌されたような状態になりかねません。

しかし、年齢は関係なく「乾燥」がとてもひどい場合はシアバターはおススメです。

 

もしニキビが気になる場合は「ヘアケア」から使ってみましょう。

それから、ボディケア、最後にフェイスケアといった順番で試してみるとリスクは減るかと思います。

ヘアケアに使う場合は、ワックスとして使用することもできるので「オーガニック」なヘアワックスを試してみたいと思っている人にもおススメです。

シアバターでサラツヤ!【髪】や【頭皮】におススメ、5つの使い方と効果とは?

大人ニキビに美容オイルはOK!?それともNG!?使うならおススメは?

シアバターのホント、効果や口コミはコチラ!

シアバター公式サイトはコチラ!