シアバターとスクワランの手作りクリーム、作り方次第でバツグンの保湿力!

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバターとスクワラン、どちらも良質なオイルとして有名ですよね。

それぞれに特徴があり、この2つ使った手作りクリームがとっても柔らかくて気持ちが良いんです。

 

レシピ次第では保湿力がバツグンの、しかも冬場でも固まらないクリームが作れちゃいます。

この記事では、次のような順番でお話ししてきます。

  • シアバターとスクワランの手作りクリームの作り方
  • スクワランの効果や特徴とは?
  • シアバターとスクワラン手作りクリームの使い方

 

シアバターとスクワランの手作りクリームの作り方

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバターとスクワランを混ぜたクリームは、冬でもかたくならないクリームに仕上げることができます。

オイルの分量はそれぞれ好みに合わせて調整してみください。

スクワランの分量を多くすれば柔らかくなるし、シアバターを多めにするとかためになります。

 

材料

  • シアバター 18g
  • スクワランオイル 18g
  • 精油(お好みで)
これは私の個人的好みなので、オイルの量は調整してみてください。

また、精油は入れても入れなくてもOKです。

 

作り方

  1. 耐熱容器に入れて、50℃のお湯で湯せんしてシアバターを溶かす(→シアバターの上手な溶かし方と、温度設定など)
  2. シアバターが溶けきったら、スクワランオイルを入れて混ぜる
  3. 2つしっかりと混ざったら、湯せんから出す
  4. 粗熱が冷めたら精油を入れて混ぜる
  5. 冷蔵庫に入れて一気に冷やして固めて完成

 

MEMO
保管は常温でOKです。

冷やす際だけ、シアバターの感触がザラザラにならないために冷蔵庫で一気に冷やします。

 

精油を選ぶのに迷ったら、香りや効能で選んでみましょう。

また、肌質に合わせて選びたい場合は、次のページも参考にしてみてください。(→精油やオイルの選び方とは?)

 

スクワランの効果や特徴とは?

シアバター Shea butter スキンケア 

スクワランもシアバターも、どちらも保湿効果の高いアイテムです。

スキンケアに使うのが良いとされていますが、それぞれにどんな効果があるのか気になりますよね。

シアバターの効果は、コチラから詳しくご紹介しているので参考にしてみてください。(→シアバターが持つ効果や効能とは?)

 

スクワランの場合は、シアバターのように天然植物からとれるオイルとは少しい違います。

スクワランの場合は、「スクワレン」という成分を水素添加させた無色の液体を加工したものです。

スクワレンを持っているのは、次のようなものです。

 

  • 哺乳類
  • サメ
  • オリーブオイル
  • ベニバナオイル など

 

これらの持つスクワレンという成分を加工してできたものが、スクワランオイルです。

そのため、製品によってその純度の高さに違いがあり、純度が高ければ高いほど良いとされています。

しかも、哺乳類に属する私たち人も、スクワレンを持っています。

皮脂腺でつくられる皮脂に5%程度含まれています。

 

スクワレン自体は酸化しやすいですが、スクワランに加工されたものは酸化しずらい特徴があります。

そのため、人の肌に馴染み浸透しやすく、皮脂膜を作る補助をしてくれる役割があるのです。

 

 

スクワランオイルで期待できる効果

 

スクワランオイルには、次のような効果が期待できます。

 

  • 肌のバリア機能を高める
  • 乾燥を予防する
  • キメの乱れや毛穴の目立ちを予防する
  • 肌から水分が蒸発することを防ぐ

 

植物由来のスクワランはオイルっぽさが少なく、テクスチャーが軽い特徴があります。

品質の良いスクワランを使えば、こういった美肌効果を感じやすくなります。

 

シアバターとスクワラン手作りクリームの使い方

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバターとスクワランで作った手作りクリームは、次のような使い方ができます。

 

 

このように、全身に使うことが可能です。

特に化粧水などで保湿をした後のお肌に、スキンケアの仕上げとして使えば高い保湿力を感じられると思います。

 

私はお風呂上りのボディクリーム代わりに使うのが大好きです。

肌が弱い私でも使いやすく、肌にすっと馴染んでくれます。

 

使う時には、分量にだけ注意しましょう。

体温ですぐに溶けるクリームなので、指にとった量が思ったより多かった!なんてことがよくあります。

はじめは少量から使ってみて、少しずつ量を調節するようにしましょう。

シアバターのホント、効果や口コミはコチラ!

シアバター公式サイトはコチラ!