シアバターで日焼け止めを手作り!レシピと使い方とは?

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバターには紫外線カットをする効果が少しだけあります。

でも、シアバターだけを塗るのはちょっと心配・・・という方には、手作りの日焼け止めもおススメです。

 

シアバターで日焼け止めを手作りするのは少し大変そうな気がしますが、慣れてくるととっても簡単♪

シアバターで日焼け止めを作る方法など、次ような順番でお話ししてきます。

  • シアバターで日焼け止めを手作りレシピ
  • シアバターで日焼け止めを作るメリットと効果
  • シアバターの手作り日焼け止めを使う方法

 

シアバターで日焼け止めを手作りレシピ

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバターには微力ながら「紫外線B波」をカットする効果があります。

そのため、日焼け止めに使うのもおススメ♪

まずはさっそく作り方をご紹介していきますね♪

 

ただし、シアバターだけだとシミやくすみの原因となる「紫外線A波」は予防できません。

入れる材料には、「粒子酸化亜鉛・油溶性」を入れることで、紫外線Aも予防できるようにします。

 

材料

 

紫外線を予防するための目安となるSPFとPAは次のような目安になります。

今回は「アミノ酸」の方を使ったレシピにしていますが、好みでチタンに変えてもOKです。

割合はどれくらいカットしたいかに合わせて使いましょう。

 

超微粒子二酸化チタン 粒子径が50nmと非常に細かく、コーティングされ透明性と安定性に富み紫外線B波を吸収しA波の一部のスペクトルを反射します。

入れる分量によって、SPFへの働きかけが高くなります。

  • 2%(SPF2~5)
  • 4%(SPF6~11)
  • 6%(SPF12~19)
  • 10%(SPF>20)
微粒子酸化亜鉛(アミノ) 石けん水で落ちやすい特徴があります。

チタンよりは劣りますが紫外線B波を吸収し、二酸化チタンではカバーできないA波を反射します。

 

作り方

  1. シアバターを湯せんにかける
  2. 溶けたら、酸化亜鉛(もしくは二酸化チタン)をいれ、固まりがなくなるまでよく混ぜる。
  3. 人肌(40度以下)になるまでよく混ぜ合わせ、精製水を入れてよく混ぜる
  4. 5.良く洗って煮沸消毒した容器に入れて保存

 

使用期限

約2週間程度

 

SPFの目安

今回のレシピでは、SPF20を目安に作っています。

これは日常生活で浴びる紫外線を防止する効果がある程度です。

PAの予防効果ははっきりと数値にはできないのですが、ある程度の紫外線A波を反射します。(→SPFやPAの数値の意味とは?紫外線予防に必要なのはどれくらい?)

 

シアバターで日焼け止めを作るメリットと効果

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバターで今回のように日焼け止めを手作りすることで、メリットは5つあります。

 

  1. 肌に優しい
  2. 保湿効果がある
  3. 肌によく馴染む
  4. 水をはじく
  5. 材料を手に入れやすい

 

① 肌に優しい

 

ほとんどの成分がシアバターで構成されています。

余分な化学成分などを入れていないので、お肌にはとっても優しいです。

私も比較的肌が弱い方ですが、この日焼け止めで肌が荒れることはありません。

 

② 保湿効果がある

 

シアバターは本来、お風呂上りなどに保湿を目的として使えるオイルです。

そのため、使い方によっては保湿効果を得ることができます。

 

一般的に販売されている日焼け止めは、肌を乾燥させる特徴があります。

このシアバターの日焼け止めであれば、乾燥を招く心配がありません。

 

③ 肌によく馴染む

 

つけると程よく伸びて最初はうっすらと白くなりますが、伸ばすにつれて白さもあまり気にならなくなります。

塗ってから15分程度で、肌にしっかりと馴染みます。

 

ベタツキが気になる場合は、上からベビークリームなどをはたくのがおススメです。

モチも良くなるので便利ですよ♪

また、いつも肌はしっとりもちもちになります。

 

④ 水をはじく

 

オイルはもともと水分をはじく性質があるので、水を付けてもオイルがはじきます。

ただし、ウォータープルーフまでの効果はないので、あくまでも「落ちにくい」くらいの気持ちでいいた方が良いです。

 

⑤ 材料を手に入れやすい

 

材料は通販で簡単に手に入れることができます。

シアバターの選び方には気をつける必要はありますが、酸化亜鉛や二酸化チタン、そして精製水は薬局やネットショップなどで購入できます。

気軽に作ることができるので、とってもおススメです。

 

シアバターの手作り日焼け止めを使う方法

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバターの手作り日焼け止めを使う方法は、通常の日焼け止めと同じです。

外出をする30分くらい前に日焼け止めを塗っておきましょう。(→日焼け止めを塗るタイミングとは?)

 

それから、保存する状態もとても大切です。

常温で保存可能ですが、直射日光が当たる場所は避けておきましょう。

 

また、長期間使用しない場合は冷蔵庫での保管がおススメです。

シアバターでせっかくお肌に優しい日焼け止めを作るので、いつも良い状態で保管しておくことが大切!

シアバターのオーガニックでおススメはどこ?【世界基準で認証を受けたメーカーを選ぼう!】

シアバターのホント、効果や口コミはコチラ!

シアバター公式サイトはコチラ!