「シアバター×ティーツリー」が発揮する効果とは?【使い方や作り方なども説明】

シアバター Shea butter スキンケア 

「ティーツリー」と「シアバター」がいいって聞くけど、この2つをスキンケアに取り入れてみたい。

ティーツリーとシアバターの組み合わせでは、どんな使い方ができるのか知りたい。

どんな効果や目的があって使えるのか知りたい、そう思っていませんか?

 

評判になるほど良い言われるこの2つは、どちらも天然成分でできています。

お肌にとって負担は少ないですが、実は使う場合は気をつけなければならないこともあります。

今回の記事では、次のことをご紹介しています。

  • シアバターとティーツリーを組わせることで、期待できる効果
  • シアバターとティーツリーを使って作ることのできるもの、そして作り方
  • シアバターとティーツリーを使う際の注意点
  • シアバターやティーツリーのおススメ

 

シアバターとティーツリーを組わせることで、期待できる効果

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバターとティーツリーを使うことで、多くの肌トラブルを解消しやすくなります。

ティーツリーは精油として販売されていることが多いので、今回は「ティーツリーオイル」をご紹介していきます。

シアバターはこちらのサイト内でも何度も紹介しているので「知ってるよ~」という方もいらっしゃるかもしれないので、気になる方はコチラからご覧ください。(→シアバターの効果とは?)

そこで、今回はティーツリーオイルのもたらす特徴をご紹介します。

 

ティーツリーオイルの特徴

効果効能 ・高い殺菌力、抗菌力
・免疫力の向上 など
使う目的 ・ニキビ
・水虫
・ケガや皮膚の治療
・口角炎
・湿疹
・風邪やインフルエンザの予防、改善 など
香り ・スーッとするような、清涼感、清潔感ののあるいい香り

・少し薬品っぽい感じ(消毒液のような)

主な成分 ・テルピネン-4-オール

・γ-テルピネン

・1,8-シネオール

 

ティーツリーには高い殺菌抗菌作用があります。

そのため、ニキビや湿疹といったトラブルを解決することに使われる精油です。

ブツブツやかゆみがあるときに使うと、すっと「かゆみ」が引いていきます。

 

私自身も「ニキビ」に悩んでいた時期がありました。

塗り薬を頻繁に使用していたのですが、自然由来のものに変えたくて「ティーツリーオイル」と出会ったのが使い始めたきっかけです。

ポツっとできたニキビや、ニキビができそうなところに塗るだけで、次の日には炎症がおさまったり、ニキビのできかけが消えていたりします。

お肌がかゆい時も使うことで、さっとかゆみが引いてくれます。

 

ティーツリーオイルのいいところは、精油の中でもお肌に優しく、使った後にも肌に与えるダメージが少ないところです。

そのため、切り傷や火傷に使うこともできちゃいます。

アトピー肌やあかぎれなどで、お肌が敏感になっている部分にも使うことできる優れものです。

 

シアバターとティーツリーを使って作ることのできるもの、そして作り方

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバターとティーツリーオイルを組み合わせて使うのであれば、「クリーム」として使うことがおススメです。

シアバターの常温ではバターのような固形という特徴と、ティーツリーのお肌に直接つけても刺激が少ない点の、両方をいかすことができる使い方!

作り方もとても簡単なので、1度作っておくと便利ですよ♪

 

用意するもの

  • シアバター 50g
  • アルガンオイル 15g(入れても入れなくてもOK、ニキビが気になる方はホホバオイルがおススメ)
  • ティーツリー お好みの量(数滴~50滴くらいまで入れてOK、適切だと思われる量を入れて下さい)
MEMO
ティーツリーは直接肌に塗っても危険性のないオイルですが、他のオイルだと入れすぎると危険な場合があります。

あくまでも、ティーツリーの分量として考えましょう。

 

アルガンオイルなどの液体系のオイルは入れても入れなくてもOKです。

入れるとテクスチャーが柔らかくなるメリットがあります。

また、使用期限が気になる場合は防腐剤を入れてもOKです。

入れない場合は早めに使い切るようにしましょう

 

作り方

  1. シアバターを湯せんで溶かす
  2. 全部の材料を1つの容器に入れて混ぜる
  3. ふわっとさせたい場合は、冷やしながら白くなるまで混ぜる(ホイップクリームを作るときのような要領です)
  4. 保存容器に移す
  5. そのまま固まるまで常温で放置する

 

使用する際は、ボディクリームやハンドクリームなど全身に使うことができます。

好みの使い方で使いましょう。

 

シアバターとティーツリーを使う際の注意点

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバターとティーツリーオイルで作ったクリームを使用する際は、「お風呂上り」か「お肌の保湿をした状態のお肌」に使うようにしましょう。

それは、二つを混ぜているから危険なのではなく、基本的には「シアバター」の使い方に気をつけるということです。

 

シアバターには、肌に水分を与える働きがありません。

もちろん、ティーツリーオイルにもその働きはありません。

そのため、この2つだけを使って保湿をしても、お肌には水分がない状態が続いてしまって「保湿できていない」状態が続いてしまいます。

お肌を効率的に潤すためには「お肌に水分がある状態」で、シアバターとティーツリーのクリームでお肌に蓋をしてあげることが高い保湿力を発揮する重要なポイントになります。

 

シアバターとティーツリーオイルのクリームを使う際は、お肌の水分状態を確認してから使いましょう。

お風呂上りの水分を含んだお肌か、化粧水などでお肌を潤したお肌に使うようにしてください。

シアバターだけで保湿をするとどうなるのか、次のページで紹介してるので気になる方は参考にしてみてください。

シアバターのみで保湿ってOK!?シアバターだけで顔のケアをすると、どうなるの?

 

シアバターやティーツリーのおススメはどこ?

シアバター Shea butter スキンケア 

シアバターやティーツリーを購入する際は、安全性の高い高品質なものを売っているメーカーさんで購入しましょう。

どちらも天然成分なので、本来はとてもお肌にとって良い効果をもたらしてくれるものです。

 

しかし、こういった天然成分のものは「偽物」や「劣化したもの」が多く販売されています。

偽物や劣化したものを使うと、お肌は逆に「肌老化の促進」「肌トラブル」を招きやすくなってしまいます。

せっかくスキンケアをするのに、逆効果になるのはショックですよね。

 

そこで、この2つを購入する際は「品質」が高く保証されたメーカーさんから購入することがおススメです。

オーガニック製品の場合は、世界基準で「規定」が設けられ、それに基づいて審査する機関があります。

世界基準で判断されるため、その審査内容はとても厳しく、原料である生産地にも厳しい条件が課せられています。

そういった基準をクリアしているメーカーさんのシアバターやティーツリーであれば安心です。

 

これらの条件を満たしてるのが次のメーカーさんです。

シアバターの場合は「ココロピュア」、ティーツリーの場合は「TEA TREE THERAPY 」がおススメですよ。

シアバターのホント、効果や口コミはコチラ!

シアバター公式サイトはコチラ!